レーシックで乱視の治療も可能

レーシックで乱視の治療も可能


レーシックで乱視の治療も可能
「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックの技術が進歩してきたことにより、乱視の矯正も可能となってきました。
乱視も近視と同様に、角膜の屈折率を矯正することによって元々の視力を取り戻すことが出来るのです。

近視の治療に非常に大きな効果を発揮させることの出来るのがレーシックです。
しかし治療の対象は近視だけに限ったことではなく、乱視の治療もすることが出来るのです。

一昔前のレーシックでは乱視治療を行うのは困難なものでした。
乱視は近視と比較をして視力の矯正が複雑になってしまうので不可能に近いものだったのですが、それが今日大きく変わってきたのです。




レーシックで乱視の治療も可能ブログ:18-7-16

一週間位前、実家の家族全員でスキーに出かけた。

祖母からはじまって、お父さんと母親、
弟夫婦と子供、妹夫婦と子供、
そしておれたち夫婦と女の子。
総勢、14人の大旅行。

場所は、お父さんの実家がある福井県の山の中。
小さい頃は、夏休みなどによくお父さんの実家に家族で遊びに行った。

近年は全く行っていなかったから、
前にいつ訪れたか記憶にない。
恐らく、10年以上は経っているだろう。

雪に覆われた山道を、お父さんの運転で進む。
昔もずっとお父さんが運転してくれた道だ。
昔と違うのは、10人乗りの大きな車に家族が大騒ぎで乗っていること。

それは、人数が増えただけにとどまらない、
本当に大きな変化を感じるひとときだった。

思い返せば、その始まりは一昨年の夏にあった。
母親が、一族みんなで旅行に行くと言い出したのだ。

最も忙しいおれの予定を聞くのもそこそこに、
母親は弟と着々と計画を進めて、
その夏は、はじめて14人での大旅行が決行された。

その時は、まだ何かしらぎこちなかったところもあった気がする。
でも、それはとても楽しい旅行だった。
今思えば、家族の土壌が固まってきた証だったと
おれは思う。

昨年の夏は、予定通り、大家族旅行が、
まるで何年も行なってきた恒例行事のように行なわれた。

そして、クリスマスには、何の計画もなかったのに、
急にクリスマス会をやろうと声がかかり、また集まった。

スキーの話は、その時にでた話だったが、
母親から予約をしたから予定を空けておくようにとの連絡が入ったのは、
年が明ける前だった。

レーシックで乱視の治療も可能

レーシックで乱視の治療も可能

★メニュー

最新老眼治療のモノビジョンレーシック
保証制度の有無を確認しよう
紹介制度を採用しているレーシッククリニック
レーシックの前には適性検査
レーシックでのリスクを理解しておこう
レーシックで乱視の治療も可能
交通費を補助してくれるクリニック
矯正された視力の維持は保証出来ない
口コミサイトを活用してクリニック選び
ドライアイとレーシックの関連性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)話題が話題を呼ぶレーシックを選択