レーシックで乱視の治療も可能

「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックの技術が進歩してきたことにより、乱視の矯正も可能となってきました。
乱視も近視と同様に、角膜の屈折率を矯正することによって元々の視力を取り戻すことが出来るのです。

 

近視の治療に非常に大きな効果を発揮させることの出来るのがレーシックです。
しかし治療の対象は近視だけに限ったことではなく、乱視の治療もすることが出来るのです。

 

一昔前のレーシックでは乱視治療を行うのは困難なものでした。
乱視は近視と比較をして視力の矯正が複雑になってしまうので不可能に近いものだったのですが、それが今日大きく変わってきたのです。



レーシックで乱視の治療も可能ブログ:18-11-16

普段、体操や食事をきちんとしていれば、
たまには外食を思い切り楽しんでも大丈夫!

本当に?と思われるかもしれませんが、
これがシェイプアップ成功後の僕の楽しみなんです。

僕は10時食をしっかり食べます。
しかも、びっくりするくらいの量。
でも、野菜や和食などバランスは摂れた食事です。

それに加え、
10時早起きして食事前にジョギングをするなど、
しっかり体操と食事をする規則正しい生活をしています。

この生活があるからこそ、
外食などするときは思い切り楽しめるんです!

店をはしごしたりしますが、
だからといって、ぶくぶく太っているわけではありません。

これがもし、
食べないシェイプアップをしている人がやったら…
当然、次の日は体重が増えているでしょう。
僕も昔は何度も経験して、繰り返していました。

しかし、
シェイプアップに本当の意味で成功してからは
外食も気にせず楽しんでいます。

食べるものを神経質なまでに悩んだりせずにすむようになり、
体重増加に苦しむ日々という事もなくなりました。

少しはしゃぎすぎたなと思う外食も、
リセットのできるからだになったからなんですよね。

読者様は外食のたびに食べるもののカロリーを気にして、
本当に食べたい物ではないものを頼んでしまっていませんか?
外食に限らず、食事以外に食べたい!と思うものもあるかもしれません。

しかし体重が気になって食べられない。
悲しい事です。

こうならずに、
また終わらせるためにも、体操と食事は大切な事なんです。

シェイプアップ後の楽しみを増やすためにも、
正しい食生活と適度な体操を続けましょう!