レーシックの前には適性検査

レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。

 

レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。

 

レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。



レーシックの前には適性検査ブログ:18-10-27

減量って、様々な方法がありますよね。

食事を制限する減量なら、
単品減量から低炭水化物減量、
断食減量というものまであります。

運動となると、さらに減量の方法は広がり…
エアロビクスやエアロビクスなんかが人気になっています。
かつて「ビリーズブートキャンプ」なんていうのも流行りましたよね?

これらの減量方法で、
ひとつだけ共通しているのは、
「効果のある人にはあるが、効果のない人もいる」ということです。

無限のように減量法はありますが、
誰にでも減量効果があるというものは
皆無なんではないでしょうか?

確かに、その人のやり方に
問題がある場合もあるかもしれませんが
もともと、減量法そのものが
その人に合っていない可能性もあります。

ですから、ある減量法を試してみて、
結果が出なかったとしても、
自分を責める必要は全くないんです!
だめだったら、次の減量法を試せばいいだけ!

またいくつかの
減量法を同時に試してみることも、賢い方法といえるでしょう。

理想としては、
食事制限の減量法からひとつ、
そして適度な運動を活用した減量法から、
自分にあったものを、ひとつチョイスしてみるのはいかがでしょう?

両者を同時に行えば、
バランスの取れた減量効果を期待することができます。

もちろん、これ以上の減量法を
さらに入れられるという人は増やしても良いでしょう。
でも無理は禁物ですから、体調と相談して
減量を行いましょう。